Chapter 4 本当にやりたい事の見つけ方 - 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 -

個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書- 経験者によるSOHO起業・自営業開始手順・退職・準備・IT系開業届&確定申告・生活の参考解説サイト -

Chapter 4 本当にやりたい事の見つけ方 - 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 -

第6章 自営業 転身・転職会議編 第4節 胎動

 

 

 

「職場の飲み会に出たがらない若者が増えた」
そんな記事を目にするようになった時期、「当たり前だ」とつぶやいた。

もともとお酒で良い思いをしたことがない。
お酒が弱いのもあるけれど、宴会のノリに合わせて楽しいふりをしなくてはいけない自分の心に気付いていれば、そんなカタチだけの楽しい場はもはやお金を払って居続けなくてはいけない苦痛の場。

気になる異性でもいればウキウキワクワクかもしれないけれど、こちとら男性職場しか知らない。
女子会と呼ばれる女性同士の飲み会とも違い、「目的脳」を持っている男性にとって、男の職場の会社の飲み会はお酒好きな人以外はお金と時間の無駄という以外の何者でもない。

飲めない人が飲める人に無理やり合わせて「頑張って」参加してあげてる。
会社の上司は別に人生の上司ではない。自分の時間までつぶされて付き合わなくちゃいけない日本人の企業観。

心臓バクバク、クチはパクパク、真っ赤な顔をして一生懸命意識を保とうとする。
会社だけではなく、友達や知り合いを作る場もほとんどが「わいわい飲み会」しか存在しない。
飲まない人が飲まない会を作らないのは、酒抜きで集まる場所がないからだ。

 

会社と自宅の往復生活。出会いも知り合いを作る場もなく、笑顔で頑張る自分。

でも、それが後の自分を救う要素たる土壌であることを、その時の自分が知る由もなかった。

 

お酒、相当苦手みたいですね。
さらっと読み流したくなるお話の中でも、得るものがあればいろいろな形に変えて読み取ってみるといいでしょう。

たとえば「お酒の飲める人」にとって、日本は住み心地のいい世界。
それは逆に「努力」や「新しいビジネスへの着眼点」が育ちにくい幸せなメガネ。

個人事業主はみんなと同じコトをしても成功はできません。
みんなと同じことをするのが会社員・組織人。

「飲めないを飲めるように頑張る」のが一般の空気でも、違う発想でぶち破れる人が一般的に違う事をやり通していくのです。
流行を追ってる人、流されて幸せに暮らせる人はずっと会社員の方がいいのかもしれません。

そもそも違う発想を考えることができる環境を持ち合わせていない人は、表に出ていない人々の裏のニーズを読むのに表面的な流行に乗って過ごしたやり方しか経験がないため、「何を考えていいのか」から苦労するような気がします。

 

 

 

趣味をとことん、知識をとことん、「個人」は「友達」ではない。

みんなでわいわいより、自分の勉強・自分の楽しみ・・・あとあと自分に残るコトの始まり

 

趣味。「他人に合わせる」風潮が極まると、この国では趣味でさえ「他人の興味」で興味対象を探す人々で溢れかえる。

特に若い年齢層はその動きが顕著で、「他人に受けるもの」に取り組む→好きになるという傾向となりやすい。
カラオケ・モノマネ・タレント・芸人・・・流行をチェックし、他人(に合わせる)のために好きになる。

バブルやテレビの時代はそれでもよかった。
広告屋がプロデュースしたいものを、あたかも流行しているようにテレビで流せば、山道もない日本でも4WDが売れたりする。

でも、インターネットの出現で時代は変わった。
テレビや業界がでっち上げて流行を作り出していた「ヤラセ」が、一般の人々が自然な声を表現できるようになれば、もはや笑わされていた雰囲気に合わせて自分が笑う姿を見せる必要はない。

「価値観の多様化」ではなく、「メディアが操っていた価値観のコントロールの終焉」なのだ。

 

そっか、自分が面白いと思うことを楽しめばいいのか。

「趣味」は本来、そういうもの。
日本にいると、そんなことさえ分からなくなる。

 

さて、何を楽しもうかな・・・。
自分がやりたい事・・・一番わかりやすいのは「趣味」「興味」。

カッコイイ自分を演出するための趣味ではなく、夢中になれるもの。
寝る間も惜しんでハマれるもの。

趣味って本来はそういうもの。
個人事業だって、「カネ」から入るとたぶん続かないだろう。

 

あらら?個人事業主へのストーリーなのにもかかわらず、趣味の話が始まりそうですね。

必要なくだりなのかな?
ただの自己主張ではなさそうです。

自営業っていろいろなカタチがあります。
「事業」という言葉はオカタイので、「営業」とか「収支」とか「ビジネス」っぽいお話がいかにも「事業ノウハウサイト」のような感じなのですが、そのような「それっぽいスタイル」で読者の方を躍らせようとするものではないようですね。

 

 

【この章は、他の章と違い、小説のような文体で記載していくスタイルをとっています。他の人の経験談や心理的文章の中で共感する部分や、勇気に変えられる情報を読み取り、自己の経験に活かしてください。】

 

 

個人事業主 起業・開業.net TOP 第6章 自分会議編 INDEX    
1 会社員を続けて幸せになれる? 2 安全圏に居るだけの人生の疑問 3 自分がなりたい自分って?
4 やりたいことを全力でやってみる 5 お金になる技術の独学期間 6 やりたい事を進める向上心
7 楽しみながらレベルアップ 8 個人事業主へのおぼろげな関心 9 副業の壁と本業の壁
10 個人事業主と会社員 11 会社員から個人事業主への段階 12 個人事業主って結局なに?
13 なりたい自分に必要な情報の収集 14 目標とスケジュールを立てる 15 専業化・退職へのスケジュール
16 退職は「願い出る」もの 17 退職してからすぐにする手続き 18 そして退職へ

 

 

 

息抜きしながら頑張ろう♪

息抜き全国散策撮影フォト

 

■【 息抜き全国散策撮影フォト】事業内容の計画も準備も本人次第!趣味やアイデアを形にしていこう♪

お堅い解説が多いので、息抜き的に全国の風景をお楽しみください。※写真は著作権を有しています。

高山陣屋

【岐阜県 高山陣屋】

飛騨高山にある江戸幕府の役所・高山陣屋。お米の保管小屋や裁判・処罰部屋や接待部屋など全部あります

 

3 自分がなりたい自分って? ←  | 個人事業主 起業・開業 .net TOP |  → 5 お金になる技術の独学期間

個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書


個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 カテゴリ


6 自営業起業転身会議 編

デスクトップ
もっと調べる
広告
個人事業主・自営開始のホント
個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書】は「転職サイト」や「起業セミナー事業者」などの企画サイトではありません。

個人事業主になりたい人への単なる専門知識や用語の窓口サイトではなく、実際に会社員の退職から開業届確定申告を個人で行ったリアルな一例のサイト。

これからの方、そして周りは皆会社員の身分でいようとする感覚しかお持ちでない中で、一人で未来を勝ち取ろうとしている個人のために経験談を基にまとめています。

メッセージ
個人事業主 個人事業主 基礎知識 個人事業主 開業届 手続き 個人事業主 青色申告 確定申告書 個人事業主 SOHO 帳簿
個人事業主 起業 独立 個人事業主 転身 転職 個人事業主 退職 計画 個人事業主 部屋 引越し 個人事業主 職業 休日
ホーム | 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書について | 紹介アイテムショップについて | 運営者情報 |