7 確定申告書B 第二表 所得の差引金額・住民税・所得税に関する事項欄の書き方 - 確定申告書の書き方 解説 -

個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書- 経験者によるSOHO起業・自営業開始手順・退職・準備・IT系開業届&確定申告・生活の参考解説サイト -

第3章 第7節 確定申告書B 第二表 所得の差引金額・住民税・所得税に関する事項欄の書き方

個人事業主(自営業)の青色申告の確定申告期間はおおむね毎年2月16日から3月15日まで

 

第3章では、「 確定申告書の書き方 」について説明しています。

第1節から第5節までで「確定申告書」B様式の第一表の記入項目要領の解説をしてきました。


第6節・第7節は第二表の書き方を解説していきます。

第二表の趣旨は、第一表で計上した数字の「内訳」を記入するものです。

 

確定申告書青色決算書収支内訳書等 / 国税庁 】 ※省庁HPはコロコロ変わるのでリンクは削除。

 

 

 

確定申告書B 第二表 所得から差し引かれる金額に関する事項 欄の書き方

税務署にある「所得税の確定申告の手引き」を見ながら確定申告書を書き上げていきましょう

 

さかな      

 

◆ 【 雑損控除 】 欄 の書き方ポイント

雑損控除とは、以下の要件に適用される控除項目です。

 

・あなたや、その年度分の総所得金額等が38万円以下の配偶者その他の親族で、生計を一にする人が、災害や盗難、横領によって住宅や家財などに損害を受けた場合。

・あなたが災害等に関連してやむお得ない支出をした場合。

 

記入項目は「損害の原因(文字)」「損害年月日(年月日)」「損害を受けた資産の種類など(文字)」「損害金額(金額)」「保険金などで補填される金額(金額)」「差引損失額のうち災害関連支出の金額(金額)」となっています。

 

◆ 【 医療費控除 】 欄 の書き方ポイント

医療費控除は、あなたや生計を一にする配偶者その他の親族のためにその年度中に支払った医療費が、一定の金額以上ある場合の控除項目です。

 

記入項目は「支払医療費(金額)」「保険金などで補填される金額(金額)」となっています。

 

◆ 【 社会保険料控除 】 欄 の書き方ポイント

社会保険料控除は、あなたや生計を一にする配偶者その他の親族が負担することになっている次のような社会保険料で、あなたが支払ったり、あなたの給与などから差し引かれたりした保険料がある場合の控除項目です。

 

記入項目は「社会保険の種類(文字)」「支払保険料(金額)」「合計(金額)」となっています。

 

◆ 【 小規模企業共済等掛金控除 】 欄 の書き方ポイント

小規模企業共済等掛金控除は、あなたが次の掛金を支払った場合の控除項目です。

 

・小規模企業共済法に規定された共済契約掛金
・確定拠出年金法の個人型年金の加入者掛金
・条例の規定により地方公共団体が実施する心身障害者扶養共済制度に係る契約で一定の要件を備えたものの掛金

 

記入項目は「掛金の種類(文字)」「支払掛金(金額)」「合計(合計)」となっています。

 

◆ 【 生命保険料控除 】 欄 の書き方ポイント

生命保険料控除は、生命保険や生命共済などについて、あなたが支払った保険料がある場合の控除項目です。

記入項目は「新声明保険料の計(金額)」「新個人年金保険料の計(金額)」「介護医療保険料の計(金額)」「旧生命保険料の計(金額)」「旧個人年金保険料の計(金額)」となっています。

 

◆ 【 地震保険料控除 】 欄 の書き方ポイント

地震保険料控除は、損害保険契約等について、あなたが支払った地震等損害部分の保険料がある場合の控除項目です。

記入項目は「地震保険料の計(金額)」「旧長期損害保険料の計(金額)」となっています。

 

◆ 【 寄附金控除 】 欄 の書き方ポイント

寄附金控除は、次の支出をした場合の控除金額記入欄です。

 

・国や地方公共団体にたいする寄附金
・社会福祉法人に対する寄附金
・一定の特定公益信託の信託財産とするために支出した金銭
・特定の政治献金
・公益社団法人及び公益財団法人に対する寄附金
・国税庁長官の認定を受けた認定NPO法人に対して、認定の有効期間内に支出した寄附金
・特定新規中小会社が発行した株式の取得に要した金額
・震災関連寄附金

 

などの控除項目です。

記入項目は「寄附先の所在地・名称(文字)」「震災関連寄附金(金額)」「上以外の寄附金(金額)」となっています。

 

◆ 【 本人該当事項 】 欄 の書き方ポイント

本人該当事項はあなたが寡婦か寡夫である場合の記入欄です。

記入項目は「寡婦控除-死別-離婚-生死不明-未帰還(チェック)」「勤労学生控除(学校名)」となっています。

 

◆ 【 障害者控除 】 欄 の書き方ポイント

障害者控除はあなたや控除対象配偶者、扶養親族が、障害者や特別障害者である場合の控除項目です。

記入項目は「氏名」を記入します。

 

◆ 【 配偶者(特別)控除・扶養控除 】 欄 の書き方ポイント

■ 【 配偶者控除 】 あなたに控除対象配偶者がいる場合の控除項目。

・一般の控除対象配偶者・・・・・38万円
・老人控除対象配偶者・・・・・48万円

 

■ 【 配偶者特別控除 】 あなたに生計を一にする配偶者がいる場合で、配偶者の合計所得金額に応じて受けられる控除項目。

◇ 配偶者特別控除を受けるための用件

☆ あなたのその年度分の合計所得金額が1,000万円以下である
☆ 配偶者が次のいずれにも該当する
・あなたと生計を一にしている
・青色申告者の事業専従者として給与の支払を受けていない又は白色申告者の事業専従者でない
・その年度分の合計所得金額が38万円を超え、76万円未満である
・配偶者があなたを対象として配偶者特別控除を受けていない

 

■ 【 扶養控除 】 あなたに控除対象扶養家族がいる場合の控除項目。

・一般の控除対象扶養親族・・・・・38万円
・特定扶養親族・・・・・63万円
・老人扶養親族(同居老親等)・・・・・58万円
・同人扶養親族(同居老親等以外)・・・・・48万円

 

記入項目は「配偶者の氏名」「生年月日(年月日)」「配偶者控除-配偶者特別控除(チェック)」「控除対象扶養親族の氏名」「続柄(文字)」「生年月日(年月日)」「控除額(金額)」「扶養控除の合計(金額)」となっています。

 

 

 

確定申告書B 第二表 事業専従者に関する事項 欄の書き方

税務署にある「所得税の確定申告の手引き」を見ながら確定申告書を書き上げていきましょう

 

◆ 【 事業専従者に関する事項 】 欄 の書き方ポイント

事業専従者に関する事項欄です。

 

記入内容は「氏名」「生年月日(年月日)」「続柄(文字)」「従事月数・程度 仕事の内容(文字)」「専従者給与(控除)額(金額)」となっています。

 

 

 

確定申告書B 第二表 住民税・事業税に関する事項 欄の書き方

税務署にある「所得税の確定申告の手引き」を見ながら確定申告書を書き上げていきましょう

 

さかな      

 

所得税の確定申告書を提出した人は、その確定申告書等が地方公共団体へデータで送信されますので、改めて住民税や事業税の申告書を提出する必要はありません。

 

ただし・・・・

・控除対象配偶者・控除対照扶養親族・事業専従者のうち、別居している人の氏名と住所を記入します。
・所得税で青色事業専従者としないで配偶者控除や扶養控除の対象とした人

 

・・・を、住民税や事業税では青色事業専従者とすることができます。
これに該当する専従者がある場合には、その人の氏名と給与の額を記入します。

 

◆ 【 住民税 】 欄 の書き方ポイント

◇ 扶養控除の提要がない16歳未満の扶養親族がいる場合に、その扶養親族の氏名・続柄・生年月日・別居の場合の住所を記入します。
◇ 住民税は、所得税において確定申告扶養制度を選択した未上場株式の小額配当等についても、他の所得と総合して課税されます。
◇ その年度中に非居住者期間があった人は、その期間中に生じた国内源泉徴収所得について住民税が課税されていません。その国内厳選所得のうち所得税で源泉分離税の対象となった金額を記入します。
◇ 都道府県・市区町村に対する寄附金や、住所地の都道府県が条例で指定した寄付の合計金額を記入します。
◇ 給与・公的年金等に係る所得以外の所得に対する住民税については、徴収方法を選択することができます。
給与から差し引く事を希望する場合には、「給与から差引き」にマルを記入し、また、給与から差し引かないで別に窓口等に自分で納付する事を希望する場合には、「自分で納付」にマルを記入します。

「会社員の副収入を得ている副業をバレないようにする方法」などでよく出てくる方法が、こちらの最後の選択肢の部分の「自分で納付」のチェックだと思います。

 

◆ 【 事業税 】 欄 の書き方ポイント

◇ 事業税には、課税されるものと非課税のものがあります。また、事業の種類により税率が異なります。
複数の事情を兼業している人で、次に示す事業より生ずる所得がある場合、該当する番号と所得金額を記入します。

 

1、畜産業から生ずる所得
2、水産業から生ずる所得
3、薪炭製造業から生ずる所得
4、あんま、マッサージ又は、指圧、はり、きゅう、柔道整復その他の医業に類する事業から生ずる所得
5、装蹄師業から生ずる所得
6、林業から生ずる非課税所得
7、鉱物掘採業から生ずる非課税所得
8、社会保険診療報酬等に係る非課税所得
9、外国での事業に係る非課税所得
10、地方税法第72条の2に定める事業に該当しないものから生ずる非課税所得

 

◇ 土地等を取得するために要した負債の利子の額があるときは、その負債の利子の額を必要経費に算入して算定した金額を記載します。
◇ 不動産所得から差し引いた青色申告特別控除額を記入します。
◇ 事業用資産の損失浄土金額を記入します。
◇ 前年の中途で開業又は廃業した場合は、記入欄の「開始・廃止」の該当する文字をマルで囲み、その月日を記入します。
◇ 複数の都道府県に事務所又は事業所がある場合は、「他都道府県の事務所等」欄をマルで囲みます。

 

 

 

個人事業主 起業・開業.net TOP 第3章 青色確定申告書 編 INDEX    
1 住所・氏名・収入金額欄 2 所得の概念と所得金額欄 3 所得から差し引かれる金額欄
4 税金の計算欄 5 その他・延納の届出欄 6 所得の内訳・雑所得等事項欄
7 差引金額・住民税・所得税事項欄 8 1・2ページ (損益計算書) 9 3ページ目 (減価償却費の計算)
10 貸借対照表 (4ページ目)        

 

 

息抜きしながら頑張ろう♪

息抜き全国散策撮影フォト

 

■【 息抜き全国散策撮影フォト】事業内容の計画も準備も本人次第!趣味やアイデアを形にしていこう♪

お堅い解説が多いので、息抜き的に全国の風景をお楽しみください。※写真は著作権を有しています。

大山

【鳥取県 大山】

中国地方にある日本百名山のひとつ「大山(だいせん)」の登山道風景。お兄さんたち、軽装すぎです^^;

 

6 所得の内訳・雑所得等事項欄 ←  | 個人事業主 起業・開業 .net TOP |  → 8 1・2ページ (損益計算書)

個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書


個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 カテゴリ


3 青色確定申告書 書き方 編


デスクトップ
もっと調べる
広告
個人事業主・自営開始のホント
個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書】は「転職サイト」や「起業セミナー事業者」などの企画サイトではありません。

個人事業主になりたい人への単なる専門知識や用語の窓口サイトではなく、実際に会社員の退職から開業届確定申告を個人で行ったリアルな一例のサイト。

これからの方、そして周りは皆会社員の身分でいようとする感覚しかお持ちでない中で、一人で未来を勝ち取ろうとしている個人のために経験談を基にまとめています。

メッセージ
個人事業主 個人事業主 基礎知識 個人事業主 開業届 手続き 個人事業主 青色申告 確定申告書 個人事業主 SOHO 帳簿
個人事業主 起業 独立 個人事業主 転身 転職 個人事業主 退職 計画 個人事業主 部屋 引越し 個人事業主 職業 休日
ホーム | 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書について | 紹介アイテムショップについて | 運営者情報 |