Chapter 13 なりたい自分に必要な情報の収集 - 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 -

個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書- 経験者によるSOHO起業・自営業開始手順・退職・準備・IT系開業届&確定申告・生活の参考解説サイト -

Chapter 13 なりたい自分に必要な情報の収集 - 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 -

第6章 自営業 転身・転職会議編 第13節 点火

 

 

 

会社員をしながら確定申告をする必要がある程度の副収入を得ることが可能になった自分と世の中のサービスの発展。20年前にはネットもケータイもなかった世の中が、逆に「無い生活者」がいないほどの環境の変化。

代表的なサービスはたとえば「ネットオークション」など、素人でも「副業」をすることができるようになったサービスが生まれたことであり、それは誰にでもできること。
それまでの店舗型のプロも参入しなければ商売にならないくらい、ネットで注文、生活必需品の宅配がナチュラルに行えるようになったのである。

 

自分が何をしながら暮らしたいか、どうなれば幸せと感じられる人生のスタイルになるのかは、最初から分かっているわけでもなく、とにかく「実行する」ことがその一歩だと思う。

それを阻害する要因が、それで暮らしたことのない旧時代の価値観(会社員で暮らすしかなかった人々の価値観)で、その時代の人々は「いかに立派なことをするか」や「人に対して自分の暮らしをそれとなくアピールする」時代の人々の価値観。

新しいタイプの個人事業主は「こんなことも事業(収入化)になるのかもしれない」を模索していく世代・時代なのだろう。
時代が変わったのでマトモに「頑張って」も、退職金も年金ももらえないことがわかっている時代に、わざわざ会社員であり続ける選択を自分で選ぶ必要はそもそもないのだ。

 

趣味から始まり、知識や技術を高め、その「自分にできること」を転用する発想もたくさん浮かぶようになり、副業として「お小遣い」を稼ぐようになってから所得税の納税(確定申告)を調べるまでに至った自分。

 

自分の場合のスタートやきっかけはそのような流れ。
それはそれぞれの人々の興味や関心が違うように、あなたが得意としている事を伸ばしていったり、研究してみたり、実際にやり続けることで「特殊技能」や「センス(感覚)」を得ることができる。

 

ピアノが上手な人、絵を書くのが好きな人、人に雑学を説明するのに喜びを感じる人、絵本のようなストーリーを考えるのが好きな人、英語に抵抗が無い人、鉢の巣の撤去や害虫駆除に抵抗のない人、機械やバイクをいじるのが好きな人、人を見て的確なアドバイスを相手の性格に合わせて上手にしてあげられる人・・・

どんな事でも得意な人がいたり、それを必要とする人がいて、ビジネスのタネはどこにでも存在しているような気がする。

 

サービスを単発で行う人もいれば、完全に計算をして一度利用すれば継続的に支払を受けられる仕組みを考えるタイプのことを考える人もいる。

どうしたらいいのか、それを考えるのが「あなた」だ。

日本には幸い、物事を思い付いても実行する人が少ない。
「働いている自分(身分)」や「かっこいい自分(流行やスタイル)」に振り回されがちなので、バカバカしいと思う(思われる)ことを本気で取り組む人が少ない。

だからこそ頭を使って独創的なことを実行した人が成功しやすい。

一つ、自分が夢中になれることを見つけたら、「ただ単に楽しむ」だけでなく、「楽しみながらその分野に強くなる」意識をもって取り組んでいくといい。誰もが定年退職の時には年収1千万円もらえた時代とは違って、これからは人口(労働力も消費者人口も)が減少していく一方であることさえ分かっているのに、頑張っても幸せになれないと嘆いていてもしょうがないと思う。

そのうち、「それをお金に変えるようにするためには?」を考え始め、それに必要な課題やハードルを調べて「被雇用者」で居続けなければならない身分を脱出させてくれるようになるかもしれない。

 

バブル時代には「窓際族」などという言葉が本当にありました。
仕事もしない、役に立たないオヤジたちが、給料だけもらう景気の良さ。
それでも会社が潰れることがないので「窓際族」などという人々が存在できたという時代。

労働契約に基づいている欧米では他人の仕事を手伝うと「私をクビにするつもりか?(私の仕事を奪わないで)」となるのですが、日本では「若いんだから頑張らなきゃ」と、やらない人はやらないで立場の弱い人にやらせて遊ぶ社会があったようです。

時代が変わり、リストラは当たり前です。そうです、「当たり前」です。
個人事業も逆の意味で年齢は関係がありません。正直、60歳、70歳でも感覚に優れた人はネットや語学や専門知識を得て、人に提供できるサービスを作ることもできるはず。(たとえばネットでは体力も年齢も関係がありません)

パソコンが嫌いならほかの事を考えればいいでしょう。しなくてもいい人はしなくてもいいのです。
「自分にはできない」と自分にロックを掛けてしまわず、いろいろなことを本気で考えてみると良いのかもしれません。

 

 

 

 

自分に必要なものは価値観や認識を変化させること

銀行からの借り入れやテナントを借りる必要もない。そうであればあとは・・・

 

同業種からの同業種への「起業」は、一般的に「独立」というカッコイイ言葉が使われる。
渋い表現をすれば「暖簾(のれん)分け」というワードになる。

就職(転職・別会社への移籍)をするか、自分で「開業」するか。
それについては、所属する社長であるセンパイ(経験者)に当たる人に聞くと教えてくれるはず。

弁護士等の法律事務所や、介護施設の施設長、結婚相談所の所長や、デザイン事務所の経営者、フランチャイズのコンビニの店長さん。経験業種の中にいるからこそ「独立」なわけで、異業種への起業は一から自分で調べなければいけない。

 

「調べる」ということも、「聞く」行為を「聞くだけ」の人もいる。
「自分の状況をどうすればいいか」を「聞く・(単に手順)教えてもらう」人も多く、それはたとえれば「テレビが観られるようになるまでの接続のやり方を教えてもらう人」を考えると、呑み込みの早い人と、結局良くわかっていない人に分かれる。

テレビの配線(パソコンの配線の方がわかりやすいかもしれないが)がわからない人がいるとしよう。
人に「やり方を教わる・聞く」人の中でも、「あれをここにこうつなぐ」という「手順」をメモするタイプの人は、結局自分の頭で考えることができないタイプ。聞いて理解するのではなく、結果に結びつくやり方だけを求める視点しかない。

確定申告書の書き方ひとつとっても、「これでいいの?」と誰かに聞かないといけない。
たとえ税務署の人に聞いても、「あなたの事業なのでわかりませんよ」と答えるだろうし、「何がわからないのか?」を本人さえも理解していない状態で「手順と結果」だけを覚えようとする。

テレビがどうして映らないかを考えることもないし、自力で考えてないので予想を立てて「予想通りの作業の結果で映るようになる」事がない。「なんだかわからないけどできた」はい解決、はい終了。毎年同じことを繰り返す。

それは聞いていることが「手順」であって、「理解」するために知っている人に「聞く」ような「聞き方」を身に付けた方がいい。
何をどう調べたらいいかわからない時は必ずある。初めての経験の時期の人はそれがあって当たり前。

だからよくわからない自分を焦ることもない。

どこに聞いたらいいかわからない時、調べる手段はたくさんある。
本屋さんや図書館で関連書籍を調べることもできるし、役所や省庁に相談や問い合わせをして答えを探していけばいい。

 

もし、出版を目指している夢があれば知りたいことは「作家デビューの仕方」かもしれない。
「上手な文章のコツ」かもしれない。

前者は出版をしてくれるのは「出版社」なので「出版社」に聞けばいいし、後者は出版社に聞くものではなく、「上手な文章を書いている人」に聞く(または自分で読み解き、研究する)。

銀行から資金の借り入れが必要であれば銀行に聞くべきだし、ホームページを公開するスペースを借りたい時はレンタルサーバーを運営しているサービス会社に聞けばいい。

プログラムやリナックスを勉強しなければいけない時はそのような学校に通うか独学で調べて覚えるしかない。
そのようなニーズを先読みして、あなたが得意な分野の資料や書籍、教材を作ることだってできるはず。

 

本気になって(または試しに)「やってみる」「努力する」ことが何よりも大切なことだと思う。

 

「挫折」というのは大切な経験かもしれません。
挫折することに慣れていくと、失敗することを恐れたり、恥ずかしいと感じる「やらない方向」へのエネルギーが弱まっていきます。失敗を知らない人々は新しい事をやらず、その場に居続ける選択肢を選び続けるでしょう。

8つ挫折して2つ成功することに辿り着けばいいのではないでしょうか?
何の制約もない自由な日本にいて、会社員だけしか命をつなぐ手段がないと考えることはとても不自然だと思いせんか?

 

 

【この章は、他の章と違い、小説のような文体で記載していくスタイルをとっています。他の人の経験談や心理的文章の中で共感する部分や、勇気に変えられる情報を読み取り、自己の経験に活かしてください。】

 

 

個人事業主 起業・開業.net TOP 第6章 自分会議編 INDEX    
1 会社員を続けて幸せになれる? 2 安全圏に居るだけの人生の疑問 3 自分がなりたい自分って?
4 やりたいことを全力でやってみる 5 お金になる技術の独学期間 6 やりたい事を進める向上心
7 楽しみながらレベルアップ 8 個人事業主へのおぼろげな関心 9 副業の壁と本業の壁
10 個人事業主と会社員 11 会社員から個人事業主への段階 12 個人事業主って結局なに?
13 なりたい自分に必要な情報の収集 14 目標とスケジュールを立てる 15 専業化・退職へのスケジュール
16 退職は「願い出る」もの 17 退職してからすぐにする手続き 18 そして退職へ

 

転職・退職・独立等に関する参考書籍

それでも「いい人」を続けますか?
いつもうまくいく人の感情の整理術
価値ある生き方
「これでいい」と心から思える生き方
必ず役立つ退職手続きマニュアル

 

 

 

息抜きしながら頑張ろう♪

息抜き全国散策撮影フォト

 

■【 息抜き全国散策撮影フォト】事業内容の計画も準備も本人次第!趣味やアイデアを形にしていこう♪

「個人事業主の解説サイトに風景写真?」会社員を辞めて個人事業を専業化し、事業で活用している一眼レフ撮影写真。
お堅い解説が多いので、息抜き的に全国の風景をお楽しみください。※写真は著作権を有していますのでご注意を。

白兎海岸

【鳥取県 白兎神社】

白兎海岸の道の駅の裏に「因幡の白兎」の神社があります。さあ、ぴょんぴょん進もう♪

>【休憩】旅行用の携帯型三脚を見てみよう >【息抜き】最近の一眼レフバッグを見てみよう
>【カメラ雑談】サーキュラーPL使ってます >【カメラ雑談】SDカード、安いですよね
>【裏話】一人用テントでキャンプなので一泊千円程度 >【過酷】登山用リュック+バイク旅取材なんです

 

12 個人事業主って結局なに? ←  | 個人事業主 起業・開業 .net TOP |  → 14 目標とスケジュールを立てる

個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書


個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 カテゴリ


6 自営業起業転身会議 編

デスクトップ
個人事業主確定申告の参考書
ひとりでできる個人事業者の確定申告
マネして書くだけ確定申告
確定申告書の記載チェックポイント
今気になる事が未来に繋がる
個人事業主・自営開始のホント
個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書】は「転職サイト」や「起業セミナー事業者」などの企画サイトではありません。

個人事業主になりたい人への単なる専門知識や用語の窓口サイトではなく、実際に会社員の退職から開業届確定申告を個人で行ったリアルな一例のサイト。

これからの方、そして周りは皆会社員の身分でいようとする感覚しかお持ちでない中で、一人で未来を勝ち取ろうとしている個人のために経験談を基にまとめています。
当サイトの活用方法
個人事業主

税務処理簿記などの確定申告税金関係の資格者が「確定申告の説明」を書いている例は多くても、前職と関連性の無いスキルや独立系ではない在宅系の個人事業主が書く個人事業主への道筋を詳しい形でまとめた情報や経験談は多くありません。

訪問して下さった皆さんそれぞれの環境や立場、特技や方向に置き変えて参考にしてみてください。


メッセージ
個人事業主 個人事業主 基礎知識 個人事業主 開業届 手続き 個人事業主 青色申告 確定申告書 個人事業主 SOHO 帳簿
個人事業主 起業 独立 個人事業主 転身 転職 個人事業主 退職 計画 個人事業主 部屋 引越し 個人事業主 職業 休日

■ 個人事業主こじんじぎょうぬし/kojinjigyounusi/kojinnjigyounusi)・開業/IT/手続き 関連用語ラインナップ
★個人事業主/こじんじぎょう/kojinnjigyou/it/申告/確定申告/開業/開業届/個人事業の開廃業等届出書/事業開始等申告書/青色申告承認申請書/経費/保険/事業/独立/起業/税金/所得税/青色申告/帳簿/簿記/税理士/会計/領収証/届出/廃業/節税/法人/節税/会社/在宅/SOHO/事務所/事業所/自営業/フリーランサー/アフィリエイター/届け/源泉徴収/口座/屋号/手続き/書き方/やり方/作り方/方法/解説/英会話教室/パソコン教室/ノマド/
■ 個人事業主経理/簿記・税金・所得税/記載・会計ソフト 関連用語
ソリマチ/みんなの青色申告/会計王/販売王/顧客王/給料王/弥生/やよいの青色申告/弥生会計/やよいの給与計算/弥生給与/ミロク/ミロクの簡単!青色申告/PCA/青色申告じまん/ビズソフト/ツカエル青色申告/BSL/かるがるできる青色申告/ピクシス/わくわく青色申告/リオ/やるぞ!青色申告/勘定奉行/青色申告/白色申告/所得税/帳簿/按分/

■ 確定申告用語
帳簿/総勘定元帳/現金出納帳/預金出納長/買掛帳/売掛帳/経費帳/固定資産台帳/仕訳/勘定科目/租税公課/荷造運賃/水道光熱費/旅費交通費/通信費/広告宣伝費/接待交際費/損害保険料/修繕費/消耗品費/事務用品費/減価償却費/福利厚生費/給料賃金/外注工賃/利子割引料/地代家賃/貸倒金/雑費/新聞図書費/前払金/未払金/開業費/繰延資産/事業主借/事業主貸/元入金/売上高/決算/棚卸/家事消費/敷金/礼金/管理費/家賃/取材費/製作費/雑収入/開業前の給料/開業前の収入/開業前の所得/国税庁/税務署/青色申告会/
ホーム | 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書について | 紹介アイテムショップについて | 運営者情報 |