Chapter 10 個人事業主と会社員 - 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 -

個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書- 経験者によるSOHO起業・自営業開始手順・退職・準備・IT系開業届&確定申告・生活の参考解説サイト -

Chapter 10 個人事業主と会社員 - 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 -

第6章 自営業 転身・転職会議編 第10節 現実

 

 

 

会社員(サラリーマン)と言う身分は、実際には気楽な稼業だ。
倒産しても負債を負うのは社長一族だけだし、社員は解雇されるだけで滅多なことではクビにならない。
給料は毎月振り込まれるようになっているし、社会保険も年金も社長が払い、天引きする手続きをしている。

経営者(社長)は儲かっている業種や業界であれば、左団扇のように見えるかもしれないが、実際に従業員の生活費(給料)や、経営判断、次の戦略などを考えているわけで、実際、「自分(個人)の会社」なので、心理的に戦っているのは社長だけかもしれない。

 

被雇用者である会社員はそういう意味ではお気楽な身分。
会社があげた利益を労働の対価として受け取る。会社が潰れても自分の人生には全く関係がなく、別の会社でまた労働力を提供して対価を得ればいい。会社が潰れたら「大変だ」というのは「自分の生活」が大変になるという意味なだけで、会社や会社の仕事に人生を賭ける必要は全くない。

 

労働力を提供して、その対価を受け取って暮らしているのが「会社員」なのだけれども、日本では「サービス残業」や「お付き合い」という無償の奉仕気質があり、いや、好きでしているわけでもないのだけれども、ある時は「頑張る合戦」であり、ある時は「上司より早く帰ったらどうこう」という他人の人生の監視気質によって、労働契約以上のしがらみを抱えながら暮らしている。

 

会社や社長(経営者)と言うのは、「社員」に「効率よく働いてもらうための努力」は行うかもしれない。
自分が雇っている労働者なので、年に数百万円かけて雇っている経費で問題を起こしてほしくはないし、自分一人では回しきれないものを代わりに社員たちに進めてもらっているわけで。

でも、実際は冷たいようだけれど、社員が誰であろうと関係がない。
優秀な社員が大切にされるのは、それは同じ経費で効率のいいパーツだから大切にするのであって、社員の個人的な人生についてあれこれ気にかけて面倒を見てくれる類ではなく、幹部としてのうんぬんと洗脳されてしまうのはよろしくない。

人員に穴が開けばただ次のパーツの補充をする手配をするだけだ。
たとえ、「面白い若者」がいたとしても、同族経営の会社の次期社長が「実の息子」以外になることがないように、会社を信用して身も心も捧げるようになってしまうのは、・・・実に日本的。

常に他人の意見や視点を気にする「自分で考えずに流れに身を委ねる」気質の日本人には陥りやすい部分である。

「会社」について考えてみたことがあるだろうか?
会社というのは実は「ただそれだけ」のものなのだよ。

 

正社員や契約社員、派遣社員にアルバイト。
労働契約は異なるものの、全て「被雇用者」に当たります。フリーターも給与所得者ですので、個人事業主ではありません。

入社の採用面接でセクハラや圧迫面接に耐えて・・・というニュースを目にすることがありますが、そういう時、雇用側も働く側も「自分の頭で考える」ことができなくなっていると言えると思いませんか?全く無意味な事を本当にしているわけです。

自分自身で「収入になるもの」に出会えた時、一人でできる人は個人事業主、人手が必要な構想を持つ人は「会社組織」を自分で始める発想を持つ人が「社長」さんなのですね。

ある人は農業、ある人は製造業、ある人は風俗業、ある人は飲食店、ある人は語学教室・・・他人の目に映る自分を判断基準して事業を始める人はいません。みなさん「自分の夢」を信じて進んでいったのですね。

 

 

 

 

現実生活を逃避するのと夢を見つけることは明確に区別しておく

やりたいことをやる人生は勝機があるからこそ移行できる

 

いろいろな未来の姿をイメージした上で、夢を見るのは良い事だと思う。
「自分の夢」さえ他人の顔色を伺いながら「夢」をコントロールする事の方が不自然。

ただ、現実の生活から楽な生活になりたい一心で「やりたいこと」を錯覚して夢を描くのはいけない。

 

テレビの企画で「脱サラ男のラーメン屋修行」のような番組もあったけれど、テレビの映す「ブーム」には裏がある事の方が少なくなく、テレビは基本的には「演者」と「劇場」なので、その都度、テレビやメディアが垂れ流す「流行」を真に受けてヒントを得ようとすれば、たいてい失敗する。

それは「転職サイト」や「起業セミナー」などの情報も同じで、大抵は派手でしゃれた起業者(らしい人)が、聞きなれないカタカナの肩書といかにも都会的なオフィスで起業しているような人ばかりを取り上げるのだけど、その虚栄心を煽っている時点で「人々のやりたいこと」の背中を押しているわけではないので、「他人ではなく自分の意識」と対話する感覚も養えたら幸せな判断に辿り着きやすいのかもしれない。

膨らませるべきイメージは、こうなれば「かっこいい人生が送れる自分」ではなく、「好きなことをして稼いで暮らしている自分」の方がいいと思う。だから、職種や業種、ステータスや肩書などの「他人の評価」から離れた方がいいのだよね。

 

会社員という生活の守られた身分を捨てるべきでない人も多いだろう。
小さな子供がいる男性がしっかりした収入のある会社員をしている場合は「夢」を描いている場合ではないでしょう。
さすがにそれはこのサイトでも背中を押すわけにはいかない・・・。

現実生活の収入は言うまでもなく大切なもの。

「ただの夢」は「楽しい夢」なのでたくさん描いて楽しんでしまう方がいい。
そしてその数ある「ただの夢」の中から「これはもしかすると・・・」と思える夢に触れた時には、自身の能力や戦略などまで思考を進めて「勝機があるかどうか」まで考えてみるのも面白いと思う。

 

個人事業主をしている人は、そんな「自信」があるからこそ、開業なり独立なり、会社員を辞めて始めているわけではあるものの、「きっとうまくいくだろう」という希望的観測に基いた「自信」ではなく、ある種の「プラン」が「やっていける自信」ということである。

「失敗」したら人生だってやり直せばいい。それは別に「人生の失敗」ではない。
ただ、「頑張れば報われる」という次元ではないので、「自分の頭」で頑張る方向を考える感覚で判断した方がいいだろう。

 

どんな職種でも通る道は同じだと思います。
会社員時代の誰かがお金を振り込んでくれる生き方と、誰も一銭もくれたりはしない個人事業主の生き方は、家族構成や家族の扶養などの状況によって、悲劇的な結果を招く判断になる恐れがあります。

日本では自由な発想で動き始めやすいのは男性より女性です。
日本の文化的に男性は家族を養うという不文律のような役割があり、女性が男性を養う必要がない人生の立場にいるため、女性はもともと失敗しても幸せが遠のく要素がないのです。

それは女性蔑視ではなく、その社会的な自由度を自身の夢を叶える原動力へ変換し、「結婚=幸せな人生」の旧世代の価値観から、「自分でもできた自由な人生」の発想を膨らませるエネルギーにしてみることをお勧めしたいのです。

現代社会、男性だけが女性と子供と高齢者を支えるのは厳しい世の中ですからね。
子育てしながらでも稼ぐことができるのは労働力の対価が稼ぎの手段である「会社員」ではできません。

だからこそ、「個人事業主」なのではないでしょうか?

 

 

【この章は、他の章と違い、小説のような文体で記載していくスタイルをとっています。他の人の経験談や心理的文章の中で共感する部分や、勇気に変えられる情報を読み取り、自己の経験に活かしてください。】

 

 

個人事業主 起業・開業.net TOP 第6章 自分会議編 INDEX    
1 会社員を続けて幸せになれる? 2 安全圏に居るだけの人生の疑問 3 自分がなりたい自分って?
4 やりたいことを全力でやってみる 5 お金になる技術の独学期間 6 やりたい事を進める向上心
7 楽しみながらレベルアップ 8 個人事業主へのおぼろげな関心 9 副業の壁と本業の壁
10 個人事業主と会社員 11 会社員から個人事業主への段階 12 個人事業主って結局なに?
13 なりたい自分に必要な情報の収集 14 目標とスケジュールを立てる 15 専業化・退職へのスケジュール
16 退職は「願い出る」もの 17 退職してからすぐにする手続き 18 そして退職へ

 

転職・退職・独立等に関する参考書籍

それでも「いい人」を続けますか?
いつもうまくいく人の感情の整理術
価値ある生き方
「これでいい」と心から思える生き方
必ず役立つ退職手続きマニュアル

 

 

 

息抜きしながら頑張ろう♪

息抜き全国散策撮影フォト

 

■【 息抜き全国散策撮影フォト】事業内容の計画も準備も本人次第!趣味やアイデアを形にしていこう♪

「個人事業主の解説サイトに風景写真?」会社員を辞めて個人事業を専業化し、事業で活用している一眼レフ撮影写真。
お堅い解説が多いので、息抜き的に全国の風景をお楽しみください。※写真は著作権を有していますのでご注意を。

ビーナスライン 美ヶ原高原

【長野県 ビーナスライン】

蓼科高原・白樺湖・車山高原・霧ヶ峰・美ヶ原を結ぶビーナスラインはドライブ&ツーリングの名所

>【休憩】旅行用の携帯型三脚を見てみよう >【息抜き】最近の一眼レフバッグを見てみよう
>【カメラ雑談】サーキュラーPL使ってます >【カメラ雑談】SDカード、安いですよね
>【裏話】一人用テントでキャンプなので一泊千円程度 >【過酷】登山用リュック+バイク旅取材なんです

 

9 副業の壁と本業の壁 ←  | 個人事業主 起業・開業 .net TOP |  → 11 会社員から個人事業主への段階

個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書


個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 カテゴリ


6 自営業起業転身会議 編

デスクトップ
個人事業主確定申告の参考書
ひとりでできる個人事業者の確定申告
マネして書くだけ確定申告
確定申告書の記載チェックポイント
今気になる事が未来に繋がる
個人事業主・自営開始のホント
個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書】は「転職サイト」や「起業セミナー事業者」などの企画サイトではありません。

個人事業主になりたい人への単なる専門知識や用語の窓口サイトではなく、実際に会社員の退職から開業届確定申告を個人で行ったリアルな一例のサイト。

これからの方、そして周りは皆会社員の身分でいようとする感覚しかお持ちでない中で、一人で未来を勝ち取ろうとしている個人のために経験談を基にまとめています。
当サイトの活用方法
個人事業主

税務処理簿記などの確定申告税金関係の資格者が「確定申告の説明」を書いている例は多くても、前職と関連性の無いスキルや独立系ではない在宅系の個人事業主が書く個人事業主への道筋を詳しい形でまとめた情報や経験談は多くありません。

訪問して下さった皆さんそれぞれの環境や立場、特技や方向に置き変えて参考にしてみてください。


メッセージ
個人事業主 個人事業主 基礎知識 個人事業主 開業届 手続き 個人事業主 青色申告 確定申告書 個人事業主 SOHO 帳簿
個人事業主 起業 独立 個人事業主 転身 転職 個人事業主 退職 計画 個人事業主 部屋 引越し 個人事業主 職業 休日

■ 個人事業主こじんじぎょうぬし/kojinjigyounusi/kojinnjigyounusi)・開業/IT/手続き 関連用語ラインナップ
★個人事業主/こじんじぎょう/kojinnjigyou/it/申告/確定申告/開業/開業届/個人事業の開廃業等届出書/事業開始等申告書/青色申告承認申請書/経費/保険/事業/独立/起業/税金/所得税/青色申告/帳簿/簿記/税理士/会計/領収証/届出/廃業/節税/法人/節税/会社/在宅/SOHO/事務所/事業所/自営業/フリーランサー/アフィリエイター/届け/源泉徴収/口座/屋号/手続き/書き方/やり方/作り方/方法/解説/英会話教室/パソコン教室/ノマド/
■ 個人事業主経理/簿記・税金・所得税/記載・会計ソフト 関連用語
ソリマチ/みんなの青色申告/会計王/販売王/顧客王/給料王/弥生/やよいの青色申告/弥生会計/やよいの給与計算/弥生給与/ミロク/ミロクの簡単!青色申告/PCA/青色申告じまん/ビズソフト/ツカエル青色申告/BSL/かるがるできる青色申告/ピクシス/わくわく青色申告/リオ/やるぞ!青色申告/勘定奉行/青色申告/白色申告/所得税/帳簿/按分/

■ 確定申告用語
帳簿/総勘定元帳/現金出納帳/預金出納長/買掛帳/売掛帳/経費帳/固定資産台帳/仕訳/勘定科目/租税公課/荷造運賃/水道光熱費/旅費交通費/通信費/広告宣伝費/接待交際費/損害保険料/修繕費/消耗品費/事務用品費/減価償却費/福利厚生費/給料賃金/外注工賃/利子割引料/地代家賃/貸倒金/雑費/新聞図書費/前払金/未払金/開業費/繰延資産/事業主借/事業主貸/元入金/売上高/決算/棚卸/家事消費/敷金/礼金/管理費/家賃/取材費/製作費/雑収入/開業前の給料/開業前の収入/開業前の所得/国税庁/税務署/青色申告会/
ホーム | 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書について | 紹介アイテムショップについて | 運営者情報 |