Chapter 9 副業の壁と本業の壁 - 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 -

個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書- 経験者によるSOHO起業・自営業開始手順・退職・準備・IT系開業届&確定申告・生活の参考解説サイト -

Chapter 9 副業の壁と本業の壁 - 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 -

第6章 自営業 転身・転職会議編 第9節 カウントダウン

 

 

 

写真のクオリティが上がっていき、ウェブサイトの制作能力もそこそこ上がっていくと、当然、見栄えは良くなっていく。

ジャンル自体がコンピューター関係のテーマではないものばかり作っていたので、サイトのクオリティや人々のニーズを読み解いて作り上げる解説手法も「企画的」で、先行していた趣味の素人ライバルサイトを抜き去っていくのにさほど時間はかからなかった。

 

アフィリエイトも観る人の役に立つ側の視点や立場を忘れずに、いやらしくない使い方をしていく。
ブログではないので他の個人日記サイトと異なり、見たい情報に辿り着きやすく作ることができた。

このあたりでそれまでの一般人が知りえなかったテレビや雑誌の「やり方」が何となくわかった気がした。
「あ、やつら、店からカネもらって流行とかトレンドとか話題にしていただけだったんじゃないだろうか。」と。
そこそこアクセスされるサイトでは紹介した商品が次の日には誰かが買っているのがわかるのだ。

 

アフィリエイトは副業の手段として有名だけれども、テレビと違うのは「流行を捏造できない」点。
製作者のひとりとなった自分には、儲け主義のアフィリエイトブログの製作者たちの手法や意図が手の取るようにわかるようになり、その感覚は雑誌やテレビなどのメディアを見ていても薄々感じ取れるようにはなっていた。

そして世間で暗躍していた「ステルスマーケティング」が表面化。
テレビやメディアの不自然で実体のない韓国ブーム、特定のプロデューサーが関わる同じような「国民的」アイドルグループと誰も知らない「ヒット曲」。世間では全く話題になっていないのにテレビとお店だけが誰かが用意したようなのぼり旗やポスターが張られ、誰も立ち止まって見ていたりしない空気。

 

メディアの関係者以外、裏で何が行われているか一般人は知る由もなかったのだけれども、自分が発信するチカラやスペースを作って育てていく側に立ったり、ネットで情報が読めるようになった時、世の中の仕組みを感じ取ることができるようになっていく。

 

そっか・・・みんな、バブルの頃から踊らされていたんだ・・・。

バブル時代にテレビ局員や広告代理店が「おれたちが時代を作ってるんだよ」と調子に乗っていたという話を思い出し、そういうことだったのね、と理解した。


もちろん、自分のウェブサイトでは人々にウソの情報や無理やり買わせるように仕立てるようなものを作ることはなかった。

でも、注目を集めることは少なからず人々に対してアクションを促すものになるわけで、「広告」というのは、そんな注目力に宣伝を必要としている企業がお願いをして載せてもらうようになったものなのだろうな・・・と。

儲けるためにブログをはじめる人々がうまくいかない理由は、その本質部分がすっぽ抜けたまま広まったので、みんな一生懸命ブログを使って「チラシサイト」を量産しているのだろう。それは面白いわけがないし、儲かるわけもない。

チラシお断りと書かれたポストにできが悪くて作成途中のチラシをたくさん突っ込んでもダメなのは当たり前だろう。

 

写真を撮ることが発端となり、ブログからサイト制作、アフィリエイトと趣味はあらゆる知識や技術を吸収しながら特殊なアンテナが発達していく。

経験の基づいた体験や実績が数冊の本にまとめられそうなほど、データや情報が蓄積されていった。
アフィリエイトの収入も、ブログ経験者が10人いればおそらく1,2番くらいであるような気がした。

(月に数十万、数百万円とかではなく、あくまでランダムに経験者を集めた場合のお話です。)

 

最初のブログ全盛時代に「参加者」(=ただのユーザーの一人である感覚)でしかなかった主人公。
偶然成功しそうなものが生まれたから・・・ではなく、意識や感覚自体が「発信者」や「制作者」になっているようです。

「参加者」の意識のまま何を作ったとしてもそれは「参加者」のままなのですが、「発信者」の芽生えや心構えはクリエイター的な制作をする人にとっては必要不可欠。

たとえば新聞の記事で「~だと思います」と、ニュースの記事自体が「参加者」感覚で書かれていれば、わざわざお金を出して買う人はいなくなるでしょう。そんな感覚的な事もどこの学校や師匠に習うわけでもなく自分で考えて身に付けていったようです。

 

 

 

 

副業は副業のままだから「副」業

本業と専業、そして個人事業主ってなんだろう?へ

 

「アフィリエイターなんていうのは職業じゃない。ただの無職だよ。」
自分自身、ある程度の手ごたえを感じながらもそう思う。

なぜなら、実態はウェブサイトを作っているだけで何もしていないわけだし、もしアフィリエイトの会社自体がサービスを撤退したら、もうアウトじゃん?

 

確かにそうだ。
「一般的には正気の沙汰じゃないし、人生のダメ人間っぽい。」・・・古い思考の自分がそんなことを言い出した。

 

でも、新しい自分はさらにこうも考えた。

 

「今の自分、幸せなのかい?ではもし、10年後も20年後も50年後もアフィリエイトが無くならなかったら、我慢して出勤してた人生の時間、もったいなくないかい?小さな才能、キミにはあると思うよ。」

 

もう一人の古い自分はそれを制するように意見を言う。

 

「そりゃあんた、都合のいい希望的観測ってもんだよ。
人間、自分の都合のいい方向へ解釈して安心したがるもんさ。
人間、汗水垂らして働かなくちゃいけないんだよ。」

 

新しい自分は静かに思考を深めていき、静かに口を開く。

 

「インターネット、100年後に無くなるだろうか?
無料で視聴できるテレビだって「広告」だったよね。偏向報道しまくりなのはスポンサーがいるからだ。
テレビが無くならずに相変わらずスポンサーサイドの放送を垂れ流してる。

ネットではユーザーが好きなものを検索し、好きなページを調べ、買い物をすれば翌日に届く。
テレビのインチキ放送が流されっぱなしなのに、いつかとても便利なインターネットは利用禁止になるのだろうか?
アフィリエイトも広告であって、もはやテレビを越えた影響力を持つネットの情報力を利用した宣伝方法のひとつ。そのニーズがなくなることがありうるのだろうか?」

 

確かに、世の中のお金持ちはもはや自分で働いてはいない。
仕組みを作って権利で食ってる。

 

古い自分は反論する。

「・・・オマエな、働けよ。絶対路頭に迷うぞ。」

 

自分が答える。

「みんななぜ「会社員」にこだわって人生を拘束され続けていたんだろう?
そんなに他人の事業の手伝い(=会社員)したいの???人生の目的は「会社員でいること」ではないでしょ?

もし、手作り工房の職人技術を持っていたら、それは売れなくてもカッコイイからOKだったわけかい?

これからニーズのなくならない世界の技を身に付けて個人で暮らせるだけの収入を稼いで所得税を払って暮らしている人を、なぜ他人が評論してるん?
この人、今の職場や業界で幸せそうに見える?この先も幸せになれると思う?
汗水垂らして給料が上がるわけじゃないんだよ。」

 

古い自分が答える。
「は・・・恥ずかしいだろ・・・。」

 

新しい自分。
「いったいさ、誰の人生なんだ?なんで他人の顔色見ながら決めてんだい?人生さ、一度しかないんだよ??」

 

そう考えるようになってから、少しずつ「個人事業主」のことを調べ出した。
「アフィリエイター」になりたいわけではなく、「時間のある人生」がほしいのだ。

海外の写真を撮り歩き、テーマごとに原稿を書き、商業出版のための活動をするようなライフワークを思い描く。
行く先々の取材のついでに海外雑貨の購入手配をして日本で売ることもできるし、個人輸入の代行もやり方さえわかれば「ウェブ」で販売や注文の窓口を自由に作ることはもはやお手のもの。電子書籍もネットショップも自分で作れちゃわない?

 

なりたいのはほったらかしで遊んで暮らすアフィリエイターじゃない。
毎日会社で朝から晩まで拘束されている時間の方がもったいないんだよ。

バカじゃあるまいし・・・。

 

旧世代の固いアタマと、ありえないライフスタイルの新しい発想が火花を散らす。

 

個人事業主といっても、ほとんど前例のないスタイルの道。
他人にいい顔をするために正社員で居る「普通」がいいのか、特技を活かした生活スタイルを実現するのか、運命の分かれ道は近そうです。

個人事業主には決まった形がありません。
それ以前に、どのようなカタチで所得税を納めているかという区分に過ぎないのであり、ネットの広告収入で暮らすことがあったとしても「ネット事業の事業者」で聞く人の人生に何の影響も与えません。

ありとあらゆる事をまさに「自分のアタマで考える」ことになるのが「個人事業主」です。
英語教室でも小説家志望でも革細工・銀細工ショップでも、なんでも同じなんです。

あなた自身の判断を希望的観測を排除しながら優先しなければ、一度の人生、きっと後悔するでしょう。
「あの会社を辞めた」のを後悔するのはその会社に満足している人だけですから。

 

 

【この章は、他の章と違い、小説のような文体で記載していくスタイルをとっています。他の人の経験談や心理的文章の中で共感する部分や、勇気に変えられる情報を読み取り、自己の経験に活かしてください。】

 

 

個人事業主 起業・開業.net TOP 第6章 自分会議編 INDEX    
1 会社員を続けて幸せになれる? 2 安全圏に居るだけの人生の疑問 3 自分がなりたい自分って?
4 やりたいことを全力でやってみる 5 お金になる技術の独学期間 6 やりたい事を進める向上心
7 楽しみながらレベルアップ 8 個人事業主へのおぼろげな関心 9 副業の壁と本業の壁
10 個人事業主と会社員 11 会社員から個人事業主への段階 12 個人事業主って結局なに?
13 なりたい自分に必要な情報の収集 14 目標とスケジュールを立てる 15 専業化・退職へのスケジュール
16 退職は「願い出る」もの 17 退職してからすぐにする手続き 18 そして退職へ

 

転職・退職・独立等に関する参考書籍

それでも「いい人」を続けますか?
いつもうまくいく人の感情の整理術
価値ある生き方
「これでいい」と心から思える生き方
必ず役立つ退職手続きマニュアル

 

 

 

息抜きしながら頑張ろう♪

息抜き全国散策撮影フォト

 

■【 息抜き全国散策撮影フォト】事業内容の計画も準備も本人次第!趣味やアイデアを形にしていこう♪

「個人事業主の解説サイトに風景写真?」会社員を辞めて個人事業を専業化し、事業で活用している一眼レフ撮影写真。
お堅い解説が多いので、息抜き的に全国の風景をお楽しみください。※写真は著作権を有していますのでご注意を。

野尻湖

【長野県 野尻湖】

上信越高原国立公園に属する野尻湖はナウマンゾウの化石が出土した湖。実は全国で出土しています^^

>【休憩】旅行用の携帯型三脚を見てみよう >【息抜き】最近の一眼レフバッグを見てみよう
>【カメラ雑談】サーキュラーPL使ってます >【カメラ雑談】SDカード、安いですよね
>【裏話】一人用テントでキャンプなので一泊千円程度 >【過酷】登山用リュック+バイク旅取材なんです

 

8 個人事業主へのおぼろげな関心 ←  | 個人事業主 起業・開業 .net TOP |  → 10 個人事業主と会社員

個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書


個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 カテゴリ


6 自営業起業転身会議 編

デスクトップ
個人事業主確定申告の参考書
ひとりでできる個人事業者の確定申告
マネして書くだけ確定申告
確定申告書の記載チェックポイント
今気になる事が未来に繋がる
個人事業主・自営開始のホント
個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書】は「転職サイト」や「起業セミナー事業者」などの企画サイトではありません。

個人事業主になりたい人への単なる専門知識や用語の窓口サイトではなく、実際に会社員の退職から開業届確定申告を個人で行ったリアルな一例のサイト。

これからの方、そして周りは皆会社員の身分でいようとする感覚しかお持ちでない中で、一人で未来を勝ち取ろうとしている個人のために経験談を基にまとめています。
当サイトの活用方法
個人事業主

税務処理簿記などの確定申告税金関係の資格者が「確定申告の説明」を書いている例は多くても、前職と関連性の無いスキルや独立系ではない在宅系の個人事業主が書く個人事業主への道筋を詳しい形でまとめた情報や経験談は多くありません。

訪問して下さった皆さんそれぞれの環境や立場、特技や方向に置き変えて参考にしてみてください。


メッセージ
個人事業主 個人事業主 基礎知識 個人事業主 開業届 手続き 個人事業主 青色申告 確定申告書 個人事業主 SOHO 帳簿
個人事業主 起業 独立 個人事業主 転身 転職 個人事業主 退職 計画 個人事業主 部屋 引越し 個人事業主 職業 休日

■ 個人事業主こじんじぎょうぬし/kojinjigyounusi/kojinnjigyounusi)・開業/IT/手続き 関連用語ラインナップ
★個人事業主/こじんじぎょう/kojinnjigyou/it/申告/確定申告/開業/開業届/個人事業の開廃業等届出書/事業開始等申告書/青色申告承認申請書/経費/保険/事業/独立/起業/税金/所得税/青色申告/帳簿/簿記/税理士/会計/領収証/届出/廃業/節税/法人/節税/会社/在宅/SOHO/事務所/事業所/自営業/フリーランサー/アフィリエイター/届け/源泉徴収/口座/屋号/手続き/書き方/やり方/作り方/方法/解説/英会話教室/パソコン教室/ノマド/
■ 個人事業主経理/簿記・税金・所得税/記載・会計ソフト 関連用語
ソリマチ/みんなの青色申告/会計王/販売王/顧客王/給料王/弥生/やよいの青色申告/弥生会計/やよいの給与計算/弥生給与/ミロク/ミロクの簡単!青色申告/PCA/青色申告じまん/ビズソフト/ツカエル青色申告/BSL/かるがるできる青色申告/ピクシス/わくわく青色申告/リオ/やるぞ!青色申告/勘定奉行/青色申告/白色申告/所得税/帳簿/按分/

■ 確定申告用語
帳簿/総勘定元帳/現金出納帳/預金出納長/買掛帳/売掛帳/経費帳/固定資産台帳/仕訳/勘定科目/租税公課/荷造運賃/水道光熱費/旅費交通費/通信費/広告宣伝費/接待交際費/損害保険料/修繕費/消耗品費/事務用品費/減価償却費/福利厚生費/給料賃金/外注工賃/利子割引料/地代家賃/貸倒金/雑費/新聞図書費/前払金/未払金/開業費/繰延資産/事業主借/事業主貸/元入金/売上高/決算/棚卸/家事消費/敷金/礼金/管理費/家賃/取材費/製作費/雑収入/開業前の給料/開業前の収入/開業前の所得/国税庁/税務署/青色申告会/
ホーム | 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書について | 紹介アイテムショップについて | 運営者情報 |