8 個人事業主の確定申告ってどんなもの? - 個人事業主についての関連用語 -

個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書- 経験者によるSOHO起業・自営業開始手順・退職・準備・IT系開業届&確定申告・生活の参考解説サイト -

第8節 個人事業主の確定申告ってどんなもの? - 個人事業主についての関連用語 解説 -

源泉徴収されていない金銭収入の納税の義務を果たす所得税の自己申告が確定申告

 

個人事業主のことについて調べてみると真っ先に出てくるのが確定申告帳簿という言葉です。

確定申告の帳簿って見たことありますか?


家計簿のようなノートみたいになってる?
そもそも売ってないじゃない?

はい、後ほど個人事業主初心者が感じる疑問や不安を解消できるお話や解説をしていきます。

 

この第8節では、個人事業主の確定申告についての「概要」を、国税庁や税理士サイトや会計ソフトサイトのような形ではなく個人事業主の経験者として雑談的にお話していきます。確定申告や帳簿付けのやり方・書き方・作り方などは後の章でまとめていきます。

 

 

 

 

確定申告とはなんだろう?誰かが教えてくれないの?

無職と自営業の分かれ目「確定申告」。自分で勉強して自分で提出して自分で税金を納める制度

 

確定申告は 『 全ての個人事業主が行なっている納税手続き 』 です。

まず、日本国民には納税の義務があります
会社員は給料天引きで義務を果たしています。

 

ところが、お客さんから直接金銭を貰い受けている個人の事業主は税金を天引きされていません
そのため、いくら収入があったかを計算して税務署に「 申告 」して所得税の金額を「 確定 」させて納税するのです。

 

あんみつ      

 

「えっ!それじゃ、妙な届出(開業届けや青色申告承認申請手続)をしなければ、余計なお金(税金)払わなくていいってこと!?」
・・・・そういうのはいわゆる脱税です。犯罪です。

 

いくら稼いでいる人だとしても、収入の証明となる確定申告の書類もなく所得税も支払っていないのでおそらくクレジットカードも作れない(お金を貸す「信用」がゼロ)し、賃貸物件を借りて引越することも難しい人生になると思います。

 

クレジットカードは他人の「お金」を借りて支払っているものなので、カードの有効期限が更新される時に(調査されていると思いましょう)更新されずに新しいカードが送られてこないことがあるかもしれません。やるべき事を乗り越えて天下無敵の個人事業主になりましょう。

 

 

 

 

本当に誰も教えてくれない帳簿や確定申告。

全部、仕事も利益もすべて本人しか関係のない世界

 

個人事業主確定申告ですが、経理もした事が無い人にとっては、凄まじいほどの手間がかかります。
誰も「教えてはくれない」のです。

 

聞けば教えてくれる人がいたとしても、最初の最初は「何を聞いて最後にどうなるべきなのか」わからない、見たこともない確定申告の流れを、一切の見本もないまま、作り上げて期限までに提出しなければいけません。

 

「できませんでした」ということにして「やらなくていい」ことにはなりません。
人にやり方を聞くにしても、以前の節でお話している通り、個人事業主の職種はさまざまですので、あなたの事業はあなたしか把握していません。

 

税務署に聞いてもあなたのしている仕事ですので、個人的な状況を話してもその職員さんは「公務員」しか経験が無い人であって、民間でしているお歳暮などは贈収賄状態の世界の人々です。周りの人々は全て「会社員」であって、あなたの確定申告や帳簿や按分について、答えを持っている人はいません。勝手がさっぱりわからない最初の年はきっとイライラしてしまうでしょう。

 

羊羹      

 

「くっそー、税務署がやれよ!どうして金を取られるために連日数十時間も計算して金額合わせてレシート保存してに時間使わなきゃいけないんだよ!!」・・・経費の証明のために、帳簿に銀行の通帳の数字を打ち込み、税務調査のために何年か保存する必要があるのです。

 

筆者も、個人事業主用の青色申告会計ソフトで帳簿を整理している時に、誰にも相談することができずに何冊も経理や簿記関係の本を購入して調べながら、何度も数字がおかしくてブチ切れそうになった時がありました。^^;

会計ソフト自体の操作や設定、関連用語、・・・何から何まで全て一気に「できるようにならなくてはいけない」のですね。

 

当時(初年度初めての確定申告の際)朝から晩まで打ち込みや計算のし直しを繰り返して、それがまるまる一ヶ月かかりました。

このサイトでは、できる限り難しい専門用語を使わずに、在宅系の個人事業主の帳簿の付け方の実例もまとめていく予定です。

 

 

 

 

個人事業主の確定申告の帳簿ってどんな姿をしているんだ!

初めての確定申告では、自分が何を作っているのかさえわからないまま帳簿を作っているはず

 

実は実際に税務署に提出する書類は「 青色申告決算書 」と「 確定申告書です。
ぶ厚い冊子というわけではなく、正直、数ページなので、最後の最後は郵送でポストに入れるだけでもOKです

でも、それを作るためには、日々の収支(収入と経費)を計算する必要があるのですね。
計算自体は市販の会計ソフトを使うと全て自動的に計算してくれて、「青色申告決算書」も、その仕分けや計算に基いてパソコンソフトがそのまま使えるものを打ち出してくれます。

 

では、「帳簿ってなんぞや?」と言いますと、提出書類ではなく、自宅(事業所)に保存(保管)しておかなくてはならないモノ
税務署に持っていく必要はありません。

 

お茶      

 

 

保管してある帳簿はどんな時に必要になるか・・・『税務調査』の時に調べられます

個人事業主の人のところには、税務署の方が「 税務調査 」に来る時があるそうです。

事前に連絡が来て不明な点について事業所を訪ねてくる時があるらしく、その時に、その帳簿を見ながら経費や事業に使っている按分比率などを確認しにいらっしゃいます。

個人事業主の確定申告は数ページの自己申告ですので、めちゃくちゃな数字を書いても税務署の職員さんにはウソだか本当だかの判断がつきません。

個人事業主の「経費」は会社のお金ではなく、自分のお金を使って自分の仕事の物を買うため、基本的に使いまくっても良い事はありませんが、自己の消費のために使ったお金を経費扱いしてあれば、それだけ税金(所得税)の納税額は低くなっていくことになるので、添付書類や帳簿を見ながら脱税のような計上の仕方がされていないか調査をしに来ることがあるのです。

 

★ 帳簿ってどのようなものですか?売っているのですか?・・・収支の流れが分類されて記載してある紙です

一般的には市販のパソコンの会計ソフトで収入と経費を打ち込んだものを「帳簿」と言います。
それをプリントアウトしてファイルにしておけばいいので、特に決まった用紙や様式は無いと思います。

パソコンが無い時代はもちろんノートのような出納帳が「帳簿」でした。帳簿の語源はそれが原型です。
もちろん現代でも、手書きでも良いですし、究極的にはプリントアウトしてフォルダを作らなくてもPC上での画面自体が帳簿です。

 

 

 

確定申告の帳簿についてもっと教えてください!

市販の確定申告の本のほとんどは帳簿の付け方(経理や簿記)に関する書籍です

 

このサイトの著者自身が在宅のパソコン関係で収入を得て確定申告をしている個人事業主ですので、それ以外の業務形態の帳簿の書き方まではアドバイスすることができませんが、そのような「前例の少ない個人事業主」をやってみよう!と感じている方のために、第2章以降で、在宅系個人事業主の開業届けの書き方や帳簿の仕分けのポイントなどを解説していきます。

 

「個人」の「事業」なので、お花屋さん同士が相談や聞き合う事ができても、異業種の事例は個人事業主同士でもあまり参考にならない場合も多いので、貴重な情報サイトになるようできる限り上手にまとめていきたいと思います。

 

どら焼き      

 

 

帳簿って・・・・もう何がどんな感じなのかわからないよ・・・

そうなんですよね。何しろ、見たこともないものを見本も無いまま「作らなきゃいけない」という部分、結構ムリがあります。 ^^
税理士さんでも青色申告会の人でもありませんが、作る側のあなたと同じ立場の感覚で混乱しそうな部分について説明します。

前節までクドクドとお話をしてきました「個人事業主」。
それは税金を納める区分であって、「職種」や「業務形態」は人それぞれです。

ですので、その人の収入源(職業)の形態によって、作る帳簿と作らない帳簿があるのです。

 

帳簿って一冊(1種類)じゃないの???

まず、金銭の移動に関する項目ごとに帳簿化されます。

例えば・・・

「預金通帳」の金銭の出入りをまとめてある「 預金出納帳 」。(よきんすいとうちょう)
現金で事務用品などを買った場合を記載した「 現金出納帳 」。(げんきんすいとうちょう)
後払いで後日入金される場合の取引を記載した「 売掛帳 」。(うりかけちょう)
事務用品や家賃や電話代などの経費にかかった帳簿である「 経費帳 」。(けいひちょう)

 

事務用品は「現金」で購入した「経費」ですので、「現金出納帳」と「経費帳」のそれぞれに記載されます。
市販の会計ソフトでは多くの場合、そのような自体を想定してありますので、ひとつの項目に記入すると関連する帳簿にも同じ日のやり取りとして別の帳簿にも自動的に記載されると思います。

 

な、なるほど・・・・そんなに心配する必要はないのです・・・よね。

そうですね・・・でも、パソコンに打ち込むのはあなたですので、パソコンが自動的にあなたの意図を読み取って整理してくれるわけではありません。

打ち込むあなたが、最低限、自分が「何の帳簿のどういう取引を記載しているところだ」という事を理解して打ち込んでいかなければ、確定申告前に「決算」ボタンをクリックしても、出てきた答えは『全部間違い』ということになってしまうので、「帳簿」や「仕訳」のことについて誰もがある程度勉強して理解しなくてはならないのです。

 

カステラ      

 

 

とても不安ですが、なるほどです。。。そういうことなんですね~。ところで「仕訳」(しわけ)って何ですか?

帳簿に打ち込みをする時に、「これは事務用品の出費」「このお金は移動した時の交通費」「これは銀行の利息だから事業所得じゃない」・・・・といったような感じで、『○○費』のように分類(=仕訳)して記載するのです。

これは、各帳簿が連動して自動転記されるので必要なことであると同時に、税務署に提出する「青色申告決算書」の様式に、項目ごとの経費額を書き込む欄があり、「経理」としてはもともと最初から「仕訳」をする必要があるのです。

実際に市販の会計ソフトで打ち込んでいきながら覚えていけます(いきます)。
簿記のテキストを全部勉強して解いてからやっていくようなものではないので、あまりお勉強モードにならない方が良いですよ。

 

あと、白色とか青色とかっていうのは一体何でしょうか?白色の方が簡単なら普通は白色ですよね?

遊びではない自営業を起業・開業するのであれば、正式な記載方法である青色確定申告でいきましょう。
青色申告による確定申告では白色確定申告より所得税の納税額が安くなる特典があります。

白色申告の場合でも帳簿を作成する義務があります。(国税庁のホームページ http://www.nta.go.jp/ で御確認ください。)

詳しくは後の章で解説していきます。

 

 

個人事業主 起業・開業.net TOP 基礎知識編 INDEX    
1 個人事業主とは何ですか? 2 自営業とは何ですか? 3 「個人事業主」の「事業」の意味
4 起業・独立の言葉のイメージ 5 職業と職種の意味・違い 6 フリーランサーとは何ですか?
7 不動産所得者=大家=個人事業主 8 個人事業主の確定申告って? 9 在宅のシゴト・SOHOとは?
10 個人にできて企業にできない事        

 

 

 

息抜きしながら頑張ろう♪

息抜き全国散策撮影フォト

 

■【 息抜き全国散策撮影フォト】事業内容の計画も準備も本人次第!趣味やアイデアを形にしていこう♪

「個人事業主の解説サイトに風景写真?」会社員を辞めて個人事業を専業化し、事業で活用している一眼レフ撮影写真。
お堅い解説が多いので、息抜き的に全国の風景をお楽しみください。※写真は著作権を有していますのでご注意を。

八幡平

【岩手県 八幡平】

八幡平アスピーテラインの見返り峠は山頂まで2km手前まで伸びる景観道路。・・・曇天で何も見えず^^;

>【休憩】旅行用の携帯型三脚を見てみよう >【息抜き】最近の一眼レフバッグを見てみよう
>【カメラ雑談】サーキュラーPL使ってます >【カメラ雑談】SDカード、安いですよね
>【裏話】一人用テントでキャンプなので一泊千円程度 >【過酷】登山用リュック+バイク旅取材なんです

 

7 大家さん=個人事業主 ←  | 個人事業主 起業・開業 .net TOP |  → 9 在宅のシゴト・SOHOとは?

個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書


個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書 カテゴリ


1 個人事業主の基礎知識編


デスクトップ
個人事業主確定申告の参考書
ひとりでできる個人事業者の確定申告
マネして書くだけ確定申告
確定申告書の記載チェックポイント
今気になる事が未来に繋がる
個人事業主・自営開始のホント
個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書】は「転職サイト」や「起業セミナー事業者」などの企画サイトではありません。

個人事業主になりたい人への単なる専門知識や用語の窓口サイトではなく、実際に会社員の退職から開業届確定申告を個人で行ったリアルな一例のサイト。

これからの方、そして周りは皆会社員の身分でいようとする感覚しかお持ちでない中で、一人で未来を勝ち取ろうとしている個人のために経験談を基にまとめています。
当サイトの活用方法
個人事業主

税務処理簿記などの確定申告税金関係の資格者が「確定申告の説明」を書いている例は多くても、前職と関連性の無いスキルや独立系ではない在宅系の個人事業主が書く個人事業主への道筋を詳しい形でまとめた情報や経験談は多くありません。

訪問して下さった皆さんそれぞれの環境や立場、特技や方向に置き変えて参考にしてみてください。


メッセージ
個人事業主 個人事業主 基礎知識 個人事業主 開業届 手続き 個人事業主 青色申告 確定申告書 個人事業主 SOHO 帳簿
個人事業主 起業 独立 個人事業主 転身 転職 個人事業主 退職 計画 個人事業主 部屋 引越し 個人事業主 職業 休日

■ 個人事業主こじんじぎょうぬし/kojinjigyounusi/kojinnjigyounusi)・開業/IT/手続き 関連用語ラインナップ
★個人事業主/こじんじぎょう/kojinnjigyou/it/申告/確定申告/開業/開業届/個人事業の開廃業等届出書/事業開始等申告書/青色申告承認申請書/経費/保険/事業/独立/起業/税金/所得税/青色申告/帳簿/簿記/税理士/会計/領収証/届出/廃業/節税/法人/節税/会社/在宅/SOHO/事務所/事業所/自営業/フリーランサー/アフィリエイター/届け/源泉徴収/口座/屋号/手続き/書き方/やり方/作り方/方法/解説/
■ 個人事業主経理/簿記・税金・所得税/記載・会計ソフト 関連用語
ソリマチ/みんなの青色申告/会計王/販売王/顧客王/給料王/弥生/やよいの青色申告/弥生会計/やよいの給与計算/弥生給与/ミロク/ミロクの簡単!青色申告/PCA/青色申告じまん/ビズソフト/ツカエル青色申告/BSL/かるがるできる青色申告/ピクシス/わくわく青色申告/リオ/やるぞ!青色申告/勘定奉行/青色申告/白色申告/所得税/帳簿/按分/

■ 確定申告用語
帳簿/総勘定元帳/現金出納帳/預金出納長/買掛帳/売掛帳/経費帳/固定資産台帳/仕訳/勘定科目/租税公課/荷造運賃/水道光熱費/旅費交通費/通信費/広告宣伝費/接待交際費/損害保険料/修繕費/消耗品費/事務用品費/減価償却費/福利厚生費/給料賃金/外注工賃/利子割引料/地代家賃/貸倒金/雑費/新聞図書費/前払金/未払金/開業費/繰延資産/事業主借/事業主貸/元入金/売上高/決算/棚卸/家事消費/敷金/礼金/管理費/家賃/取材費/製作費/雑収入/開業前の給料/開業前の収入/開業前の所得/国税庁/税務署/青色申告会/
ホーム | 個人事業主 起業・開業.net | SOHO起業実例書について | 紹介アイテムショップについて | サイトマップ | 運営者情報 |